×××えびにっき

スポンサー広告

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



*Edit   

未分類

昇華出来ない謎

   クマのプーさんがクマの割りに黄色すぎるのはもう黄疸なんだ、と思うことにして(それは失礼だろう)、ミスターミッキーマウスがねずみなのに白黒だというのも、もしかしたらパンダなのかも知れないね、と思うことにして(それも失礼だろう)、ミッキーマウスの職業が「俳優」ということも謎である。

 そもそも彼(ミッキーマウス)はキャラクターであり、職業なんてあってもなくてもどうでもいいものなのに、ディズニー通はこぞって「ねえねえ、ミッキーの職業知ってる?」と訊いてくるので、訊いてくる人たちが悪いのだけれど、ミッキーにまで「あいつよー」という気持ちになってしまう。

 ディズニーはわたしは数回しか行ったことがなく、しかもはっきり言って喫煙者に優しくない国だと知っているので足が遠のいてしまうが、それでもあの空気、あの雰囲気、あの構成は素晴らしいものだ。
 ディズニーで働いている人でさえも、ミッキーの中にだれが入ってるのかは、知らされない、と聞いたとき、なんという徹底振り、ブレブレなわたしに比べてなんていう信念、と鳥肌まで立ちかけたものだ。立たなかったけれど。

 それはいいとして、ディズニーで出されるゆで卵。
 ミッキーの形をしている。
 なんとなく仕組みを考え、あれはどうだ、これはどうだ、と考えていたのだが、どうもはっきりしない。
 どれも「確実に」ミッキーの形をした黄身に出来そうもないのだ。
 試しに卵を七個ぐらい使用し、頑張ってみたけれど、出来なかった。(食べましたよゲフ)

 ここでひとつの疑問が沸く。
 もしかして、ディズニーでは、そういう卵を産むように遺伝子操作された、鶏がいるのではないか?
 あれだけの夢の国を作り出せるのだ。
 ミッキーの形をした黄身を産めるぐらいの鶏、作れても不思議ではない。
 きっと鶏は厳選された鶏で、ディズニーに相応しいように品種改良され、「わたしこそがディズニーに相応しい鶏!」と本人(?)も思うほどの鶏だと思う。
 そんな鶏がきっと何万羽といるに違いない。

 ふと、気付く。
 大奥じゃないか!!

 そうか!
 ディズニーの鶏たちは、厳選された大奥の女性たちのように、美しく、艶かしく、素晴らしい卵を産む、大奥鶏なのだ!!


 ほう…。(と、わたしはそっと瞳を閉じる)
 謎がひとつ解けた…。

 わたしの役に立たない頭でも、やっとひとつの謎が解けた…。
 ミッキーを探して、結局グーフィーとしか写真を撮れなかったわたしだが、今、少しだけディズニーに近づけた気がする。
 ディズニー、夢の国。


*Edit ▽TB[0]▽CO[0]   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。